日本代表カヌー選手のピラティス

11月 13, 2014
riku

DSC_0007
RAINBOWHOUSE奥多摩ではご縁を頂き日本代表カヌー選手を応援サポートしております。
ピラティスのトレーニングを毎週行い、カヌーの競技にもピラティスの効果でこれからさらにご活躍頂きたいです。
やはり選手の人は運動神経が圧倒的に違うと感じております。生まれた時から良かったのか?質問すると日本代表になった事も周りの人が驚くように生まれた時からではないとお話頂きました。
毎日の自己練習。
毎日身体に意識をして身体を動かし神経を目覚めさせて運動神経が良くなるのだと思います。
僕自身も子どもの頃は病気が多く身体も硬い方でした。ピラティスやヨガを初めて身体も心も変わり始めました。
それでは運動神経とは!?
身体意識だと思います、今まで使った事のない筋肉や目に見えない場所を動かすように身体に意識します、それを学習して行く事は動かす神経の働きを高めてくれるのだと思います。
子どもや大人どのような人でも運動神経は良くなる可能性があります、自分の夢や希望も叶える事が出来ると思います。
身体意識がないと人間は怠け者なのか筋肉を使わなくなり一部分だけで生活していて、だんだん腰痛や肩こりなど痛みが出てやっと気づく事になります。
ピラティスでは常にどんな時も身体全身に意識をして動きます。
ここからが本当のスタートラインだと僕は思います。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です