2014おくてん

8月 14, 2014
riku

おくてんパンフ

http://www.okutama-acf.com/#

2014年9月の1ヶ月間 第6回奥多摩町おくてんアートフェスティバルに参加させて頂きます。

9月にRainbowHouse奥多摩でピラティスマシン無料体験ワークショップを行います。

同時にマシンの販売も行っており、ピラティスマシンにご興味がある方は是非体感してからお考えください。

ピラティスを初めて体験する方も、ご自分の身体を知るためにお気軽にお越し下さいませ。

現在ピラティスマシンをアルゼンチン出身のエンジニアの人と一緒に製作をしております。

彼はアルゼンチンではエレベーターなどを設計開発を行っていましたが、日本の合気道という武道に魅了され日本に移住してきました。

奥多摩では合気道の指導も行っております。

武道の精神はとても見習うべきところがございます。

日本では家も自分で設計して作り、素晴らしい家に、素晴らしい家族と一緒に住んでいます。

そんなギシェさんと製作するマシンは木の素材にこだわり、そして肌に触れる場所は全て牛革を使用して、使用すればするほどに木も皮も馴染んでくるのです。

彼が話すことは子供が触れても安全であり、使われる製品にも安心できて、長く愛される物でなければならないということです。

現在ピラティスのリフォーマーを製作しております、ギシェさんは新しく創造した物を形にする事を今まで10回行った経験があります。新しく進化したリフォーマーを9月のおくてんアートフェスティバルには皆さんにも体感して頂ける予定です。

僕もとてもわくわくしますね。

もうひとつはピラティスの中でもとても重要な背骨のマシン、ピラティススパインコレクターの体験。

これは竹で作っているアジアンテイストなモデルで、背骨への効果はとてもあります。

場所は東京奥多摩にある標高600Mの古民家。

目の前には1500M級の山に囲まれており、神秘的な鍾乳洞もあり、夏休みというのもございますが、今一か月で約1000人くらいの人が訪れます。

そしてなんと隣に住んでいる大館洋志さんの写真展も開催されております、写真では巨樹の高橋弘さん、巨樹の絵ではとても有名な平岡忠雄さんの作品展も開催されておりますので楽しみです。

そうなんです、ここは東京の巨樹があるエリアです。

木が好きな方には是非巨樹に一度会ってほしいです。

9月は暑さが少し緩み一年の中でも良い季節です、ご来場の方にはほっこりする一日をご提供できたらと思います。

ご予約はCONTACTまで宜しくお願い致します。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です